水癖の事を、医学キーワードでは多飲症といいます。

水癖の事を、医学キーワードでは多飲症といいます。わたしは20年齢の時からこういう病にかかっていたのですが、聞き取れるまで20歳かかりました。若い頃は変調が出なかったのですが、28年齢で結婚して業ママになり、最初の頃は外側に訪問したり、買物したりして思いをまぎらわせていたのですが、住まいに帰れば多量の刺々しいお茶を呑み、緊張を解消していましたが、歩きが酷く外側に出られない状態になったら、余計に緊張がたまり水を大量に呑みながら、TVを見てるスタイルが続いて、ある日旦那という大げんかしたご時世、パニック状態になり水をガブガブ呑み、スピリットがなくなりました。旦那は慌てて緊急クルマを呼び、医院に行き入院してて診療を受けました。そうして水癖だと分かりました。電解質が壊れて、腎臓も悪くなって暫しは安静にして点滴をうけ、水も3リットルに決められて、1か月入院してて、その間、わたしは何かと悪さをしました。氷まくらのふたを開け、水を飲んでナースさんに怒られてしまいました。そのくらいの水を飲みたいのです。恐ろしい病だ。マイナチュレの女性用育毛剤