私のピアノの教官は、基本的には「教えて下さらない

私のピアノの教官は、基本的には「教えて下さらない」教官だ。こう書くと、何の為に月謝を払っているのかを問合せに見紛う方もいらっしゃるでしょう。ですが、こういう「放任」こそが、身がピアノを現在まで10カテゴリー身の回り続けてこられた動機なのです。見た目「報じる」という自然から見れば、「放任」はそれからそれることです。本当は、「報じる」ことがないので、わざわざ「教義」ないのです。一通りの解答となる弾き方を教官は決して求めているわけではなく、ボクが内面観を形作って奏でるための、特別周囲で専門的な見地で「コメント」して下さる「聞き手役」なのです。これは教官の体格だ。無論、身はアマチュア(中級度合)なのですが、教官が決してやる気がないわけではないのです。
私の教官の実習は、コンクール入賞ヒューマンを排出して要るわけでもないですし、教官自身が何かの協会にいるわけでもありません。学生さんの頭数も多いわけではなく、誠に細々としています。
「教官、ペダルは楽譜通りに踏むのは良か。」って伺うと、「適当で可愛いわよ。」って仰います。自分自身で配慮やる手法を抱えたり、作曲ヒューマンの楽譜の書き方を疑ってみることから始まるそうなのです。デビュー会(教官が仲の良い他の教官のデビュー会に混ぜて頂きながら、隔年実施していらっしゃる。)の際に懸念で、楽譜通りにペダルを踏めない時に、弾きながらどうして取り繕うかといったら、自分の第六感や理解を楽譜以上に寄り掛かるほかありません。
教官はまさしく、こういう楽譜を離れて、自分自身の理解を飼うことに、いつもウエイトを置かれて来たのです。無論、教官の公表の目的に築くのは、次の訓練の時だ。教官の体格にあたって話してくださいが、一般何もかも話して頂くわけではありません。自分でその目的に気付いていくことが大切です。そうしたら、教官の目的に思惑を巡らせる結果、空想や理解を厳しくして、明晰を深くしていくのです。
ピアノの訓練というよりも、計画論や原則の現状が色濃いですが、それがはなはだ大切なのだと、日々の訓練で気づかされています。メソッドの稽古ではない、より深みに取り掛かる勉強は、身にとりましてかけがえのない本物の「稼ぎ」だ。
皆さんのピアノの実践の中で、私自身の見聞が活きることを願います。24時間ジムのヘクシス